ヤマト2199 星巡る方舟の続編は?感想とネタバレについて

先日、TV放送版のヤマト2199を全話チェックしましたが、
ちょうどバンダイチャンネルで劇場版の有料配信が始まったので
これもチェック!やっぱり面白いですね。

宇宙戦艦ヤマトの熱心なファンが数年越しで全部のコンテンツを少しづつ、
消化するところをほとんど一気見。

無茶苦茶な贅沢を味わったモダンです(笑)

確か旧作でも言われていたはずですが、ヤマトがイスカンダルから
戻ってくるのが速すぎるという突っ込みに対して、
帰り道でも色々あったんだよ、というのが劇場版のスタンスです。

劇場版の冒頭ではヤマトが地球に戻ってくるシーンから始まるのですが、
これはまだまだ未来の話。

星巡る方舟のエピソード内容からして、どう考えても続編が必要です。
その為、劇場版2作目はあるだろう・・・というのがモダンの見方。

モダンよりも熱心な古参のファンも同じ意見だと思います。

星巡る方舟のあらすじとネタバレ

往路ではガミラスが敵でしたが、
帰り道ではガミラスと敵対していたガトランティスがヤマトの敵となります。

このガトランティス、ヤマトと敵対したのは雷鳴のゴラン・ダガームという司令官ですが、
ハッキリ言って宇宙蛮族って感じでガミラスの合理性とは全く逆。

宇宙戦艦の指令室で帯剣していたり、
作戦が失敗したら副官を殴ったり剣を振り回したりと技術のレベルとメンタルに齟齬があります。

おまけに上官の命令を聞かないとか、
新兵器を撃ちまくって悦に浸るとかかなりの無能アピールですね。

案の定、ラストではヤマトのショックカノンをうけて撃沈するのですが、
ひたすら劇中では敵役というレベル以上の背景がありません。

全く深みの無いキャラでした(汗)

ただ、本国(?)との通信で星巡る方舟の探索を命じられていた、
という事だけが分かります。

まだまだガトランティスは分からないことだらけですね。
今後の作品で広がりを見せてくれることを期待です。

そして、忘れてはならないのがヤマトの足かせ。

それはコスモリバースを積んでいるため、
波動砲が封印されています。

TV版最終話とつじつまを合わせる為には、絶対に撃つことは無いわけです。

星をも砕く波動砲はチート武器ということで、
大艦隊に囲まれても使う事が出来ません。

そのおかげで劇場版ではピンチに陥ったりしますが、
ドメル艦隊戦ほど破損する事はありませんでした。

はっきりいって劇場版は派手な艦隊戦というよりも、
地球人がジレルやガミラスと相互理解する、出来るというのがメインテーマ。

ミステリーとかサスペンス要素の方が強いです。

モダン的にはしっとりとしていて結構好きですね。

そのおかげで航空隊をはじめとして全く出番が無いキャラが
いっぱいいたワケですが、これも今後に期待という事で。

debannasi
※出番はこれだけ(涙)

また、心を読めるがゆえに迫害されて絶滅したとおもわれたジレル人ですが、
やっぱりごく少数ながら生き残りがいました。

彼らは静謐の星、と呼ばれる惑星シャンブロウに隠れ住んでいたのですが、
ラストで偽装が解かれます。

すると古代アケーリアス文明の遺跡でもある宇宙船シャンブロウが
姿をあらわし、そのままどこかへワープして去ってしまいます。

どうやらジレル、ガミラス、地球人ともにアケーリアス文明という同根の祖先を
持つ者同士らしいです。

まさにスターシード。

これは太古の昔に人類播種計画みたいなことがあったのだろうと思います。

そしてこの新設定は、作品としてのヤマト宇宙が過去にも時間軸を伸ばして
拡大したと解釈しました。

確かに旧作の宇宙は地球とガミラスしかいない宇宙でしたが、
2199では違うのです。更にスケールアップしています。

宇宙戦艦ヤマトは行って来て帰る、という物語ですが、
作品宇宙が広がれば、返ってきた後のエピソードも作りやすくなるでしょう。

しかし、どう考えてもまだヤマトが地球に帰還する旅は始まったばかり。

劇場版の続編、2作目がいつになるのか凄く気になりますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ブッダとイエス幻想郷へ行く!感想とネタバレ!幻想郷入りシリーズについて

輪るピングドラムに続編か!?2期の予想や演出の元ネタの天井桟敷ってなに?

寄生獣 セイの格率 7話の感想!あらすじとネタバレ

若者は犠牲になって死ね?鉄血のオルフェンズの感想

ガンダムビルドファイターズトライ 7話の感想!あらすじとネタバレ

Gのレコンギスタ 7話のネタバレと感想!あらすじについて