感想とネタバレ|映画や小説漫画などのエンタメ情報を最速でチェックします。

モダンの最速エンタメ速報

漫画

カルト村で生まれましたの感想|ヤマギシ会について

更新日:

これは本当に面白いエッセイ漫画です。ガチの教団の子供がどういう生い立ちなのか、本人の口から語られる事は珍しいと思います。

スポンサードリンク

身近な宗教といえば、精々創価学会の家の子供とか、2世・3世会員の話くらいしか耳にした事がありませんでしたが、在家では無く生まれた時から集団生活で親と離れて暮らすというのは想像を絶します。

子供でも労働を課せられて、しかも毎日空腹で私有財産の概念が無いなんて、ホントに平成の世の話なのかにわかに信じがたいレベルです。体罰と情報遮断もヒドいし、なによりも子供に教育を受けさせないのは最悪です。

毛沢東でもポルポトでも農業万歳系の人は無知=純粋で知識は害毒って考えてますから、
カルト村もその系譜にあるといえるでしょう。

親や周囲の大人も大分特殊な思考をしていて、可愛い絵柄でサラッと書かれている事でも、
ちょっと考えてみるとかなり気持ち悪い。

親と一緒にいたいという娘に淡々と離れて暮らせといったり、炎天下に食事抜きで半日立たせるとか、子供に平手打ちして髪を掴んで引きずり回して壁にぶつけるって、マトモや大人のやる事では無い。

ドン引きです。youtubeにアップしたら炎上するでしょうね。

そんなカルト村で育った作者の高田かやさんは本作でよくある被害者意識バリバリの告発ではなく、むしろ童話的に感じられるくらい客観的に自分の体験をつづっています。

女性の作家だと怨みMAXで、読者まで不幸がうつりそうなヘヴィーなエッセイを書く人が居ますけど、漫画の形にしている人は客観視出来ている傾向があるように思えます。

おそらく、文字だけのメディアとは違って勢いだけで書き進む事が出来ないし、見直しの手間がかかるせいだと思うのです。

情念と客観性のバランスがとれていないと内容が凄くても読むのに疲れる作品になってしまいます。

高田 かや
文藝春秋 2016-02-12
¥ 1,080

幸福会ヤマギシ

高田さんが暮らしたカルト村が一体どこにあるのか、なんという集団だったのか調べてみたらあっさりと判明。
あの有名なヤマギシ会でした(確定ではないですが、ほぼ間違いない様子)。

wikiで調べてみたら案の定、私有財産一切のお布施とマインドコントロールの合わせ技から入って農場集団生活をするもので、最盛期には年商150億円もあったようです。

信者の脱退率は66%程で、今では売り上げも60億円位。

それでも働いている人は無給で私有財産放棄、しかも集団生活ですから、
マトモな農家が太刀打ちできるコスト構造ではありません。
加えて児童労働までありますからホントに凄い。

そんなヤマギシ会の理念やら事件やらは調べればいくらでも出てきますが、ちょっと気になる噂があるのです。

それは漫画家の松本大洋さんもヤマギシ会出身ではないか、というもの。
これ、ユリイカか何かの雑誌の対談で知ったんです。

ホントか嘘かはともかく、あの独特な作品とカルト村のイメージは容易に結びつきます。
情報統制されて育った人が生み出す作品だからこそ、無意識に受けた影響が少なくてオリジナル性が出てくると思うのです。

本作では子供目線での暮らしでしたが、気になるのが自意識がしっかりして来て、一般社会を選ぶ事になった心の動きです。

アメリカのアーミッシュでも都会暮らし期間の後で、村に戻る人が多数だと聞きます。
村の生活と一般社会は大分違いますから大きな決断だったと思います。

結局、どんな宗教を選ぼうと個人の自由ですけど、生まれた時から親の選んだ宗教コード、しかもカルトに従わざるを得ない子供たちは自分で自分の生き方を選択するべきでしょう。

次回の作品があれば、自意識の目覚めとカルト村を出るエピソードを読みたいですね。

追記

続編が出ました。

さよならカルト村の感想とあらすじネタバレ

スポンサードリンク

-漫画
-,

Copyright© モダンの最速エンタメ速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.