ドリフターズ5巻の感想!黒王の正体は何者なのか考えてみた

ドリフターズ5巻

Twitterで新刊発売の情報を知って即ゲット!やっぱりむちゃくちゃ面白いぞ!

この所の新刊ラッシュは本当に幸せ。特にドリフターズみたいに忘れたころに発売されるってパターンは掃除の時に引き出し開けたら1000円見つけた、みたいなお得感があって楽しい。

さて、5巻はついに多聞丸と菅野が出会って二人だけの二航戦を結成!

飛龍に関しては艦これつながりで史実を調べれば調べるほど、二人の再開の重みが出てきて胸熱です。

上記は飛龍からみのMMD動画ですが、多少なりとも艦これと戦史をかじっている人なら涙なくして見れない傑作です。

うう、ミッドウェーさえ無ければ・・・。

なお、画質やコメントの関係でyoutubeよりも転載元のニコニコ動画で見たほうが絶対に良いので、興味がある人はおすすめ!

ドリフターズの世界では沈んだハズの飛龍と多聞丸がパイロットを得て世界を停滞させる黒王と戦うのです!

オルテを乗っ取ったノブナガ達とも合流、ドワーフの力を借りて飛龍が修理されるのかな?

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス)
平野 耕太
少年画報社 (2016-06-06)
売り上げランキング: 4

黒王の正体とは?

黒王については9割以上の確率でイエス・キリストだと思われますが、この期に及んで正体を隠すというのが謎。

中世のヨーロッパの文明の後退、魚やパンを増やす奇跡、救世主・・・どう考えてもキリストとして思えないのですが、ヒラコーはどういう展開にするのかな?

ヘルシングで少佐が機械化されていたみたいに、どこかで読者の予想を超えてくると思うんですよね。

一応、キリスト教の聖人をチェックしてみましたけど、パッとする人はいませんでしたし、他の人の考察ブログ見てもなかなかそれらしい候補がいないようです。

キリストだけどキリストではない誰か、という線で何かのギミックがありそうですね。

ただ、気になる伏線として2つのくだり。

それは黒王の「ある理由が成し得たならば」

阿倍清明が「人は強いぞ、お前のくびきを自ら千切りとった位にな」

これって清明は黒王の正体を知っている風ですよね?

黒王は黒王で元の世界で何か人類にくびきをかけた、けど外されてしまったという風に聞こえますし。

ちなみに、キリスト自身はキリスト教徒ではありません。

ナザレのイエスとしての本人感覚はユダヤ教徒だけど、教えを発展させたとか、別の解釈をしたってくらいだと思います。

キリストの死後に、キリスト本人に会った事すらないパウロが会心して使徒となって教えを整理して教義を作り、キリスト教という宗教を誕生させたのです。

教祖が生きている内は聖書もなかったですし。

そう考えると中世の停滞を起こしたのはキリスト本人では無くて、パウロってことになりますよね。

マニアックな考察ですけど、永遠の停滞を引き起こしたいと考えるのは支配の道具としてキリスト教を利用した王たちってことになります。

だとしても、彼らが廃棄物としてドリフターズ世界に来たとして、俗物過ぎて奇跡が起こせるとは思えません。

それとも、ドリフ側には超能力がないけどエンズ側には付くのでしょうか?

ううむ、キリスト教のカルト的側面から黒王について考えてみてもラチがあかないですね。

モダンとしては、現時点で黒王の正体は「キリスト本人だけどキリストではない誰か?」という所です。

んー、誰って特定するの難しいですね~。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

白暮のクロニクル5巻の感想!あらすじとネタバレ

スピリットサークル6巻

スピリットサークル6巻のネタバレと感想!最終回について

女騎士経理になる

女騎士、経理になる。の感想!あらすじとネタバレ

ドロヘドロ21巻

ドロヘドロ21巻の感想とネタバレについて

エクゾスカル零8巻の感想!最終回のネタバレについて

アンゴルモア元寇合戦記の感想!あらすじとネタバレ!たかぎ七彦とは?