Goulerタッチペンを使ってみた!格安スタイラスペンとしておすすめ【レビュー】

Goulerタッチペン外観

タブレットでお絵描きする為にタッチペンを買ってみました。色々迷った結果、Goulerを選んだので使い勝手をレビューします。

以前からASUSのzenpadを使って電子書籍を読んだり、ソシャゲで遊んでいたのですが、この度はブログに使うイラスト用に練習をしたいと思って無料で使えるお絵描きアプリのアイビスペイントを導入したのがGoulerタッチペンを買ったきっかけです。

Goulerタッチペン開封の儀

タッチペンの一式は下記の通りです。

Goulerタッチペン

説明書もペラ紙一枚だけですし、ペン本体と充電用USBケーブルが入っているのみのシンプルな構成です。

スタイラスペンとして最強(!?)と言われているアップルペンシルはブルートゥース接続が必要なのですが、Goulerは同期や専用アプリのインストールがありません。

使い方は極めて簡単です。

充電後にスイッチをonにすると青いランプが付くので、そのままスタイラスペンとして使えます。

書き心地について

ペン先が金属なので液晶画面に当てた時若干固く感じますが、感覚的にはボールペンとほぼ同じです。ペン先が細いので繊細なイラストを描くのに向いています。

強く押し付けると液晶画面に傷がつきそうなので注意が必要ですが、これはどのスタイラスペンも画面が紙ではないので避けられない問題ですね。

お絵描きスターターセット

イラスト作成用の環境というと、ヨドバシカメラに陳列されているような10万円以上するハイスペックなワコムの液タブ(液晶タブレット)ばかりが目立ちますが、入門モデルとしてはタブレットにスタイラスペンで始めるのが最も安いと思います。

実際に本格的に漫画やイラストを描くのではなく、通常のタブレットに無料のお絵描きアプリのセットで使うのなら全く問題はありません。

アイパッドやアンドロイドタブレットにアイビスペイントをインストールして使う場合はコスパ最強になると思います。

アイビスペイントは無料で使えるので、お絵描きを始める人にはおすすめです。

アップルペンシルとの比較

友人がアイパッドとアップルペンシルをセットで使っていますが、流石に導入コストが高いです(汗)

アイパッドがスペックと価格の両方が高いのはともかく、アップルペンシルは単体でも1万円を超えますからね。

その点、アンドロイドタブレットは安いですし、付属品も多くて色々と選べます。

自分がどの用途で使うのかによって選ぶと良いでしょう。

ちなみに個人的にはASUSのzenpad+アイビスペイント+Goulerタッチペンを使っています。

youtbeやネットフリックスの閲覧、ネットサーフィン、ソシャゲ、電子書籍閲覧、音楽再生、お絵描きと問題なく全ての必要を満たすことが出来ているので満足ですね。

タブレットやスマホでお絵描きをするのにスタイラスペンを選ぶなら、Goulerタッチペンが最も機能と価格のバランスが良いと思います。

お絵描きアプリや写真編集アプリは無料で使えるものが多いので、お絵描きを始めるハードルは低いですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自宅のイング

コクヨのイングを1か月以上使ってみた感想

ガラスフィルム中身

【コスパ】iPadにおすすめの最強モバイルバッテリーとアクセサリ類について

畳

足の裏が汗で蒸れてヤバい!油足で座敷に足跡がつく場合

カシオMRG

実用性に特化した一生ものの腕時計のおすすめ【メンズ】

暖房器具

足元が寒い時の対策まとめ|おすすめの暖房器具について

絶対に寝坊しない目覚まし時計!定刻起床装置やすらぎ100が凄い!