電子書籍をSDカードに保存する方法とコピーについて

電子書籍とSDカード

先日、ついに電子書籍の漫画の売り上げが紙の漫画を上回ったとのニュースがありました。そこで購入した電子書籍のライブラリを保存する方法について解説します。電子書籍と一言で言っても様々なフォーマットがあり、それぞれに独立しています。

アマゾンの電子書籍は楽天koboで読み込むことが出来ませんし、ブックウォーカー等、他の電子書籍にも互換性がありません。

その為、どのフォーマットで電子書籍を集めているのか、という点が重要になります。

ワンピースの1巻から20巻までをアマゾンで買って、21巻から30巻までを楽天koboで買ったけど、一つにまとめたい、というのは出来ないのです。

pdfやjpgのような画像データではないからので、購入したフォーマットのアプリで読むことになります。

ライブラリの保存

kindle(キンドル)

最大手のアマゾンにはkindle(キンドル)という電子書籍フォーマットがありますが、これはSDカードに保存するのではなく本体にダウンロードされます。

購入した書籍のデータを複製することが出来ないようになっているのです。

端末とアカウントが紐付けられているので、スマホやタブレットを変更した際にはアカウントを追加して、新たに購入した電子書籍をダウンロードすることになります。

この時、購入済みの電子書籍は無料で何度もダウンロード出来るので購入した電子書籍が無くなるという事はありません。

スマホやタブレットの容量が厳しくなってきても、安心して読まなくなった電子書籍を端末から削除することが出来ます。

キンドルタブレットを使っている場合のみSDカードへの保存が可能となります。

楽天kobo

楽天koboに関してはSDカードに保存することが出来る点がキンドルと異なります。もちろんアカウント情報と紐付いており、他はアマゾンと同じに使えます。

honto

hontoは楽天koboと似ています。SDカードへの保存が出来るのでタブレットやスマホの本体容量を圧迫しません。

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)

アプリを導入した際に保存先としてSDカードを設定すればOKです。

BookLive(ブックライブ)

ブックウォーカーと同じく、保存先をSDカードに設定する事が出来ます。

eBookJapan(イーブックジャパン)

SDカードに保存可能です。

コミックシーモア

SDカードに保存可能です。

DMM電子書籍

SDカードに保存可能です。

電子書籍のコピーについて

電子書籍は紙の書籍と違って実体が無いデータなのですがコピーは禁じされています。

紙の本なら「本そのもの」を購入しているので読まなくなったら人にあげたり、古本屋に売る事が出来るのですが、自分で買った電子書籍をコピーすることが出来ないのには理由があります。

正確には電子化された書籍の閲覧権を買っているので、本のデータそのものを買っているのではないからです。

閲覧用のデータは端末やSDカードにダウンロードされますが、持っているのは閲覧権だけなので勝手に権利を増やしたり、他の人に譲渡出来ないというワケです。

もちろん、データは無料で無限に増やせるから困る、という理由があるのは言うまでもありません。

電子書籍サービスの選び方

これらを踏まえた上で、重要なのはどのフォーマットで電子書籍を揃えるか、という事です。

サービス同士に互換性が無いので、複数のサービスを同時に利用するのは余りにも効率が悪すぎるからです。

重要なのは、自分が読みたい漫画や本が電子書籍のラインナップに並ぶか、という点です。

どのジャンルが強い、というのは会社によって異なりますが、漫画メインの電子書籍サービスを使っていると小説や雑誌の電子書籍が無いということになります。

ベストなのは本屋に並んでいる本とほとんど変わりないラインナップがあるサービスですが、おすすめなのがAmazonです。

kindleならほぼ全てといっていいレベルで出版された本が電子書籍化されており、過去の名作のストックも大量にあります。

セールも頻繁に行っていますし、何より世界規模のサービスなので日本国内だけを対象にしている他社とは比較になりません。

よって、大量に本を読むタイプの人はAmazonを選ぶのが良いと思います。

外部メモリに保存できない為、端末本体の容量が必要ですが写真や動画をSDカードに保存することで容量不足を回避できます。

不具合が起きた際には電話対応までしてくれるので個人的には全く不満はありません。

アマゾンプライムと合わせて使うと利便性が一気にアップしますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

Amazonゴールドカード

【プライム会員必見】Amazonゴールドカードの年会費を最小に抑えて最も賢く使う...

サイクリング用ポーチ

ウォーキングにスマホが邪魔!安全な入れ物について

あずきの力

疲れ目グッズのおすすめはこれだ!

畳

足の裏が汗で蒸れてヤバい!油足で座敷に足跡がつく場合

kindleファイアとandroidタブレットを使った男がiPadに乗り換えた理...

Amazonプライム特典

Amazonプライムを5年以上使い続けている理由とコスパ比較【レビュー】