L字デスクのおすすめと選び方!3年間使い続けた感想について

自宅L字デスク周り

3年前から自宅事務所でL字デスクを使っているのですが非常に快適です。パソコンデスクを買うのなら棚がついているタイプよりもお勧めだと思います。

パソコン作業だけでなく、PCゲームを楽しむ人にとってもデスク周りは重要です。飲み物やスマホを置いておくのに十分なスペースがあった方がいいに決まっています。

ヨドバシなどの量販店でPCデスクを探すと、下記のようなタイプが目につきますがおすすめはしません。

実際に自分で使ってみると思った以上に不便だったからです。追加スペースとしてデスクの上に棚があっても、立ち上がらないと手が届かないので使いづらく、何より窮屈です。

前面についているキーボード用の収納板も頼りなくて安心して体重を乗せられませんし、本体と画面が一体になっているノートPCを使っている時は完全に不要のパーツとなります。

L字デスクを3年使ってきた感想

一言で言ってしまえば、これ以上に使いやすいデスクは無いと思います。

作業用デスクとして全く不満はありません。

正面を作業スペースにして脇の机は資料置き場やなどに使えるので快適です。会社員時代は重役だけにL字デスクを与えられていたのが分かる気がします(笑)。

おすすめする理由

何故私がL字デスクを選んだのかというと、作業スペースを広く取りたかったからです。

パソコンとキーボードだけでデスクが埋まってしまうと資料やメモ帳を置いておくスペースがありません。

しかしL字デスクなら正面はPCとキーボードだけでも、左右のどちらかに作業スペースが出来ます。

取りあえず必要なものが椅子に座った状態で全て手の届く範囲においておけるのです。

これが本当に大きなメリットです。

L字デスクがおすすめ出来ない点

L字デスクは通常のデスクと違って奥行き部分が必要となります。

自分が座る位置を含めて、最低でも縦1600㎜×横1600㎜程度の面積があると余裕をもって設置できます。

失敗しないL字デスクの選び方

あらゆる家具に共通することですが、重要なのは下記のポイントです。

  • 組付けがしっかりして壊れない
  • 価格が高すぎない
  • 組み立てが簡単、あるいは代行してもらえる

いくら場所があっても価格が高すぎたり、安くても作りがチャチくてガタついたりしたら意味がありません。

一人でも簡単に組み立てが出来て、重いものを載せてもガタガタせず、価格も手ごろなものを選びましょう。

天板が全面ガラス製だとか、コンセントの取り口が付いているとか、木製だとか、引き出しが付いているというのは全てオプションなので、デスク選びの決定打にはなりません。

L字デスクの購入方法

L字デスクを購入するには大きく分けて2つのルートがあります。

一つがアマゾンや楽天のような一般向けサイト。

実際、私もアマゾンで購入しました。

もう一つが家具の専門サイトです。こちらは個人でもオフィス用のデスクとしてメチャクチャがっちりしたものが買えます。

オフィス家具通販 Kagg.jp

ただし、価格は高め。

自宅で使うというより法人がオフィスに置くために買う感じですね。オフィスチェアや会議用テーブルも扱っているのでセットで揃えたい時は便利です。

実際のL字デスク

下記の画像が私の作業環境です。

写真撮影用に資料を少し片づけましたが、かなり乱雑なのでご容赦ください(汗)

自宅L字デスク周り

こんな具合に手の届く範囲にいろんなものが置いてあります。

正面に置いてあるのこちら。

  • デスクトップパソコン
  • マウス
  • タブレット
  • 腕時計
  • ナイフ、爪切り、ハサミ
  • 計算機
  • 時計
  • サプリ類
  • ヘッドホン(PC天板の上)
  • 足元ヒーター(デスクの下)

左側に置いてあるのがこちら

  • カリタのコーヒーウォーマー
  • LEDライト
  • 多機能CDラジカセ
  • コンセント・スマホ充電器
  • スマホ(上記画像の撮影に使用中)
  • 固定電話
  • ティッシュ箱
  • 文房具類ノート、他資料
  • バランスボール(デスクの下)

これだけのものが全部座ったまま操作できるので作業が捗ります。

これは広い天板スペースあってのことです。PCを長時間使うのなら絶対におすすめですね。

ちなみに椅子は下記のコクヨのイングというものを使っています。

【腰痛にいい椅子】コクヨのingを買ってみた

L字デスク導入時の注意

まず、もっとも重要なのは上の画像にあるようにコーナー部分に支柱が無いものを選ぶことです。

下記のようなデスクを選ぶとコーナー部分の下がデッドスペースとなって窮屈です。これなら普通のデスクを2つ買って直角に並べても変わりません。

次に本体重量です。L字デスクは軽量化されていますが、それなりの重さがあります。

床を傷付けないよう敷物をしておきましょう。

デスク自体の耐荷重性能も忘れてはいけません。

大抵のメーカーのものなら20kgは大丈夫ですが、中には10kg程度しか耐荷重が無いものもあるようです。購入前にはスペックを確認しましょう。

また、電動工具があると組み立てが捗ります。電動ドライバーは一度使ったら手放せないですね。

ただし、乾電池式などの安物は止めた方が良いです。

トルクが弱いですしアタッチメントも精度が怪しいのでネジを舐めやすいです。充電式で逆回転が出来て、様々なねじ規格に対応するソケットが付いているものを買えば長く使えます。

最後はコンセントです。

基本的にどこに設置してもテーブルタップや延長ケーブルで電源の取り回しが出来るので、デスク自体にコンセントの取り口が無くても良いのですがケーブル穴があればなお良いです。

おすすめのL字デスク

最後に下記のL字デスクをおすすめします。

L字デスクというと一般のものより高いイメージがありますが、今ではかなり安く買えます。

どちらもシンプルで実用的な作りなのでコスパ最強だと言えるでしょう。袖机(サイドワゴン)が必要なら別々に買って組み合わせて使う事も出来ます。

これから作業机を買おうと思っている人はL字デスクも検討してみては如何でしょうか。

多少の設置スペースが必要ですが、作業が滅茶苦茶捗りますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マジックソープシトラスオレンジ

マジックソープ シトラスオレンジを使ってみた感想!オススメの逸品

コインスペース

【腰痛にいい椅子】コクヨのingを買ってみた

チェアワン完成

チェアワンにロッキングフットを付けてみた【レビュー】

チャップアップ

チャップアップはアマゾンが最安値なのか?価格を調べてみた

電子書籍とSDカード

電子書籍をSDカードに保存する方法とコピーについて

ゆうスキンクリニックカード

ゆうスキンクリニックの脱毛の感想とゴリラクリニックの体験談