【オーバーロード特典小説】亡国の吸血姫のネタバレと感想

円盤を全部揃えた甲斐がありました。メチャクチャ面白かったです。こっちのルートでも続き書いてくれないかなぁ。制限なしで感想を書いたので、ネタバレを含みます。未読の人はご注意ください。

ネタバレなしの動画はこちら

本ブログは動画作成の前段階として整理を兼ねます。キャラクター毎にレビューしますね。

アインズというか鈴木悟

ナザリックから地上に出てユグドラシルの最後を迎えた結果、本編より200年も早くこちらへ転移してしまった。

ワールドアイテム所持者と高度が問題ではないか、と推察する人がいますがはっきりした事は不明。転移や時代のズレはなぜ起きるんだろう。

冒頭は例によって転移後の能力確認や感覚のズレなど、既に食傷気味の描写がありましたが、お約束を超えれば後はずっと楽しい!

こっちのルートではキーノにサトルと呼ばせていますし、新ギルメンを増やして冒険を楽しんでいます。やっぱり崇め奉られる事がプレッシャーだったんだろうなぁ。

深淵なる躯をボコボコにして研究成果や金銭・宝物を奪いまくるのがひどい。強盗かよw

おまけにキュアイーリム戦ではナイトリッチたちを脅して戦わせているし。勝てばいいのだって事で汚い手を使いまくり。

核地雷デスナイトとかオーバーロード・アンデッド・ジェネラルとか用意していたらしいけど、切り札切るまでもなく倒せちゃった。

エクリプスをイアシュブニグラスに重ねかけして推定50万体のアンデッドを即死させて本体を引きずり出す展開にはしびれましたね。

ここ、ビジュアルイメージが凄いよ。テキストにイメージ想起力がある。

多分、子羊の数は本編の時よりも多いんじゃないかな?

それと転移後200年も活動しているから、それなりに世知たけて経験を積んでます。

転移したナザリックに戻ったらどういうふるまいをするのか妄想出来ます。いや、こんなの絶対面白いに決まっているじゃないか~。

ホント、ラストのあのやり取りだけでファンをしびれさせる丸山先生は凄い。

このルートだとアルベドを書き換えてないはずだから、正妻戦争は起きないかも。

スタッフオブアインズ・ウール・ゴウン

初の実戦。インテリジェントソードならぬインテリジェントスタッフだった。

自動防衛機能というか、半自立型のファンネルみたいな奴だけど強い。

本編だと絶対ナザリックの外に持ち出さないだろうな。

ナザリク地下墳墓

ラストで言及される。

凄い悪魔の巣が出てきて国を3つ滅ぼした、とのこと。

ナザリックは転移したばかりなのかな。

本編の地域が大陸の端、最北西の一角に過ぎない事が分かって、改めて世界の広さに感動する。

あー、遂に最後の創造主に見捨てられたって自暴自棄になってるだろうな。

守護者やシモベ達が絶望しているんだろうなぁ。デミウルゴスは精神崩壊してるかも。

竜帝の汚物

プレイヤーの事らしいけど、なんでこの呼び名なんでしょうね。

帝というからには名称的に竜王よりも上位らしいけど、もしかしたらユグドラシルからの転移は竜帝が何かやらかしちゃったのかも。

で、竜王はその後始末をしているのかな。

キーノ・ファスリス・インベルン

イビルアイ?知らない子ですね。

キーノは健気なヒロイン枠。推定年齢10歳ちょっと。しかもお姫様。健気なメイドや親からメッチャ愛されてる。

オバロ特典小説

しかしキュアイーリムが魂を無理やり集めだしたせいで、人口500万人の国ごと崩壊させられて人生が狂ってしまった、かわいそうに。

吸血鬼化の理由がキュアイーリムの始原の魔法(魂強奪)をタレントでコピーする事で、周囲の人間の魂を吸い取って吸血鬼化してしまった、というのは説明されなければ推察しようがない情報。

キーノはこのタレントでヴァンパイアとして存在しているので、始原の魔法を打ち消されたらゾンビになってしまうとのこと。

馬車の中で青の薔薇やラナーと話していた内容がコレ。オバロはこういうのまで設定されているのが凄い。

なお最初はfateのイリヤスフィールのイメージが重なる事があったけど、途中からシド&ナンシーみたいに見えてきた。

頭脳担当のキーノと暴力担当のサトルw

二人でナイトリッチをイジメ抜いて奪いまくるのは完璧にギャングですよ。

魔法で支配して情報を引き出すから常に優位をとれるし。

まあ、でもサトルとは甘々ですね。

イビルアイになった本編では、ゾンビだらけの都市に一人残されてから何があったのだろう?

朽棺の竜王キュアイーリム

キーノの不幸の原因はこいつ。世界を汚すプレイヤーと戦うために始原の魔法の燃料をチャージしようと周辺諸国から魂を強奪した。

その結果、滅んだ国が多数。

その上、本人は120万のゾンビを集め、推定50万体のアンデッドの鎧をまとってドラゴンやら巨人やらまでアンデッド化して取り込んでいた。完璧にボスキャラですよ。

多分、イメージ的には江戸時代の寄せ絵とかAKIRAの暴走したテツオみたいな感じ。

しかもロンギヌスと同じ効果の黒色極太ビーム(滅魂の吐息)がチャージした魂の分だけ撃てる。

ワールドアイテムで無効化されちゃったから意味ないですけど、逆にワールドアイテムが無ければあらゆる生物は即死するのでかなり強力。

どうやら生き残った竜王の中では臆病で痛みに弱いからアンデッドになる事で弱点を克服しようとしたらしい。

同格と戦ったことがなく、実戦経験が少なすぎたせいでサトルの汚い戦い方に翻弄されてしまった。生まれながらの強者は敗北の経験を積めないのがつらいところ。

オバロ世界における魂について

おそらくオバロ世界における魂は実体を持っている。大いなる一なる魂が分かれて個人の魂になっており、死んだらそこへ戻るようだ。

しかし、始原の魔法は魂をすりつぶして発動する。竜王が始原の魔法を発動する度に世界を支えるリサイクル前提のリソースを減らしているのかも?

バラモン教における魂がどれくらい日本ファンタジーに影響を与えているか、色々書きたいところだけど、記事を分けようと思う。

最後に

特典のラストで作者が個人的にはこれが「14巻」だと明言しています。本編とは完全に別ルートですが、本編の黒に対して白の装丁からして本気ですね。

本編の14巻は年内予定だそうです。メチャクチャ楽しみだ!

なお、この特典を読むには円盤を全部揃えて、券を郵送する必要があります。

どうしても読みたい人は今からでも遅くはないです。

ぶっちゃけ、オバマスに課金するよりも絶対に価値があると思う!

追記

期限切れになってしまいました。正規の入手方法は今のところありません(汗)

ボリューム的にも415ページですからね、本編と変わりないですよ。

おそらく近い将来、ヤフオクとかに出品されるでしょうけど、落札するのは色々大変そう。

 

 この記事へのコメント

  1. 匿名 より:

    応募の締め切り過ぎてるから円盤宣伝する必要無くね?

  2. 匿名 より:

    >>馬車の中で青の薔薇やラナーと話していた内容がコレ。

    すみません。
    これって何巻でしたっけ?

  3. 匿名 より:

    サトルがどうやってビームを避けたのか、本編を読んでよく分かりませんでした。
    が、なるほど!
    考察の糧させていただきます。

  4. 匿名 より:

    ええ、ちなみにヤフオク、メルカリで10万まで行きました
    安いので一万
    入札してる人もちらほら

  5. 匿名 より:

    なんとなく本編は世界のほんと一握りの地域の話してるんだろうなぁ~と思っていたので、今回ではっきりしたのが個人的によかった点ですね。

    それとアインズなしでデミウルゴス指揮で世界征服しようとするとナザリックが半壊するとなってますが、むしろあれだけ強敵が多いのに半壊で済むとかさすデミ有能!と、改めて実感しましたね・・・

  6. 匿名 より:

    外伝の文章が始まるところが1巻の書き換え後なのでアルベドは書き換えてる可能性が高いですね

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

オーバーロード漫画版の感想!あらすじとネタバレ

深山フギンがオーバーロードを漫画化!コミカライズの出来は?

オーバーロード12話

オーバーロード12話の感想!あと1話で終わりなんて

オーバーロード

オーバーロード2次創作のおすすめをまとめてみた【ハーメルン】

オーバーロード8巻の感想!ネタバレとあらすじについて

オーバーロード特装版

オーバーロードの面白さについて存分に語ってみる|ライト文芸